01f9e7d49baf7e0d76ba9b8b55fe238be58cedd2ab

こんにちは。 ララン加藤です。

流行りのロブヘアをウィッグで!ロブヘアとは、ロングより短くボブより長い

肩につくくらいの髪形のこと。

(新しい言葉が次々と生まれてきますね・・・(´Д`ι))

中途半端で肩につくと外にはねやすい髪形でもありますので、気になる方は

巻かれると使いやすいと思います。

0146dc83241a870b5ad3ac7b9b0a10bbc83ff6e4be

後ろからパシャリ。

私はちょっと重めの髪が好みです♪  が、このあたりのバランス調整は実際に

被ってから好みに合わせて行っていきます。

 

このあいだお客様に

「このウィッグに出会えたおかげで、闘病中も乗り切れたよ!外出も怖くなかったよ」

と言っていただき感無量のかとうでした。1年経った今でもとってもきれいな状態を保って

いたのできっとすごく丁寧に大事にされてたんだろうな~と感じました。

改めてウィッグのできることは、カバーすることだけじゃなくて+アルファの価値や可能性を

秘めているんだなと思いました。その+アルファの部分をより良いものにしていきたいと思いました。

 

外に出て景色を見たり人と出会ったりすることで変わる気持ちもあります。

わたしもその一人で闘病中のころ、いつも「ここに来るのは最後かもしれない・・・」と思いながら

出かけていました。常に気持ちは後ろ向きで。

でも、そんなことを繰り返しているうちに、もう1度この場所に来たい!こんなに楽しいこと、

これが最後でいいの?って、声がしたんです。私の中で前向きスイッチONになった瞬間でしたね~!

(今でもはっきりと覚えているくらい、脳内で何かが弾けましたよ!)

ウィッグを被って外に出てなかったら、そんな気持ちの変化は気づけなかったと思います。

なので、わたしにとってウィッグは外へと導いてくれた愛すべきものなのです。

 

と・・・・わたしの話はいいとして、

患者さんと話をするとみなさん何かしら気持ちが切り替わる瞬間があるみたいですね。

きっと、「命」と真剣に向き合っているから、向き合わざるをえなくなっているからだと思いますが。

 

ウィッグで患者さんを救うことは難しいと思いますが、添え木くらいにはなれるんじゃないかな~

と思っています。

 

話をロブスタイルに戻しまして・・・こちらは人毛100%20cmのシルクスキンウィッグ使用です。

肌の弱い方にも人毛の髪の毛は適しているようで、化繊ウィッグのチクチクかゆかゆが、軽減した

(またはなくなった)というご報告も受けています。

 

シルクスキン人毛100%ウィッグ 20cmカット込: 66.960円

ご相談ご試着は事前にご予約ください。(プライバシー確保のためによろしくお願いいたします)

 


ケアサロン Lalan

0985-50-5531 (事前にご予約をお願いします)

OPEN:火曜~土曜 10:00~17:00

メールでのご相談もお気軽にどうぞ・・・★こちら★